Profile

プロフィール

篠笛奏者 狩野泰一
狩野 泰一
Yasukazu KANO

篠笛奏者 / 篠笛講師 / 音楽プロデューサー

1963年東京生まれ。
13歳でドラムを始め、一橋大学在学中にライブ活動を開始する。
ニューヨーク留学中、自己のアイデンティティーに目覚め帰国。
1987年「鼓童」のメンバーになって以来、カーネギーホールを始めとする世界20カ国で1000回を超える公演に参加し、1997年に独立。

佐渡島に暮らしながら日本古来の「篠笛」の可能性を広げ、2005年ヤマハからメジャーデビュー。
多くのCDの他、教則DVD、楽譜集、写真エッセイ等を出版している。
これまで世界30カ国で2,000回を越える公演をし、NHK『日本の話芸テーマ曲』他、テレビ、映画、演劇等の音楽プロデュースも手がけている。

「篠笛講座」を全国、世界で展開して笛、祭文化の再興、再創造に尽力し、「鳥笛ワークショップ」等で自然の素晴らしさ、大切さを伝えている。
「あそびも仕事も創るもの!」等、篠笛演奏を交えての講演会は各方面で好評。

天皇皇后両陛下の御前演奏、ミラノ万博2015出演も務め、東京ドームで空手の世界チャンピオン宇佐美里香とコラボ他、南こうせつ、サリナ・ジョーンズ、河村隆一など多くのア-ティストと共演している。
中西圭三、宮本貴奈との『WA-OTO』も好評。
2017年3月8日にヤマハからCD『SOUND OF THE WIND』をリリース。


< 略歴 >
1987〜1997年 「鼓童」時代、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、スイス、オランダ、ポルトガル、ギリシャ、オーストラリア、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、キューバ、ドミニカ、韓国、他で1,000回を超える公演に参加。
1999年 CD「UMINARI」をリリース。NHK新潟ラジオ「朝の随想」出演。
2000年 5大陸32ヶ国での旅の体験と佐渡での発見を織り交ぜた写真エッセイ「地球が好き 佐渡が好き」を出版。
NHKテレビ衛星放送「滝のアリア」出演。
2001年 テレビ朝日「題名のない音楽会」サリナ・ジョーンズと共演。
テレビ朝日で河村隆一と対談。
NHKBS-2「南こうせつと仁和寺でジョイントコンサート」出演、放映。
2002年 テレビ朝日「題名のない音楽会」出演。
NHK総合テレビ「どんとこい民謡」に出演。
香港で「狩野泰一独演会」主催:Asia Society
2004年 篠笛教則DVD 楽譜集「狩野泰一の篠笛を吹いてみよう」をヤマハから出版。
県内各地で新潟中越地震チャリティコンサート。
2005年 CD「Fish Dance」でヤマハよりメジャーデビュー。全国ツアー。
愛知万博に出演。岡山後楽園、品川プリンスホテル等にて中西圭三(Vo)とコンサート。
2006年 CD「風うたう」をヤマハよりリリース。全国ツアー。
西村由紀江(P)とサントリーホール、下鴨神社での世界遺産劇場で共演。
2008年 日印交流年記念事業、福居一大、典美(津軽三味線)等とインドツアー。
中西圭三(Vo)、宮本貴奈(P)と全国ツアー。
イタリア、ミラノ公演。
Bunkamuraオーチャードホール、「和」管楽器コンサート出演。
2009年 宮本貴奈(P)、現地ミュージシャン等とアメリカ、アトランタ公演。
2010年 金子竜太郎(太鼓)、嵯峨治彦(馬頭琴)と中東・アフリカツアー。
ヤマハよりオリジナルCD「しあわせに」、オールカバーCD「竹のうた」をリリース。全国ツアー。
ヤマハより「狩野泰一の篠笛セレクション」CD付き楽譜集出版。
2011年 シンガポール、篠笛ワークショップ、公演。
イランの芸術フェスティバルに、お能の津村禮次郎先生ご一行と出演。
Earth Celebration 2011 他で、イランの「ラアナーイー・ファミリー」と共演。
2012年 音楽監督を務めた映画『種まく旅人~みのりの茶~』全国でロードショー、サントラCDをヤマハから発売。全国ツアー。
東日本大震災復興支援劇「HIKOBAE2012」公演 音楽プロデュース、出演。(東京 天王洲 銀河劇場、福島県 相馬市 はまなす館)
イランの「ラアナーイー・ファミリー」のCDをプロデュース、リリース。
2013年 CD「HIKOBAE」リリース。
東日本大震災復興支援劇「HIKOBAE2013」公演 音楽プロデュース、出演。(岩手県宮古市、Los Angeles、New York、福岡、神戸、大阪、東京、福島、盛岡、仙台)
シンガポール、篠笛ワークショップ、現地ミュージシャンと公演。
NHK「日本の話芸」テーマ音楽を作曲、演奏、放送開始。
NHK-FM、小原孝さんの「弾き語りフォーユー」共演、放送。
2014年 シンガポール、篠笛ワークショップ、現地ミュージシャンと公演。
全国植樹祭で天皇皇后両陛下の御前演奏。
日米野球アトラクション、東京ドームで空手の世界チャンピオン宇佐美里香とコラボ。
アートミックスジャパン 金子竜太郎(和太鼓)、宮本貴奈(P)と新潟市 りゅーとぴあ劇場
2015年 中西圭三(歌)、宮本貴奈(P)とCD『 WA-OTO “Departure”』リリース、全国ツアー。
アートミックスジャパン 宮本貴奈(P)と 新潟市 りゅーとぴあコンサートホール出演。
シンガポール、篠笛ワークショップ、現地ミュージシャンと公演。
メルボルン、シドニーで篠笛ワークショップ、現地ミュージシャンと公演。
金子竜太郎(和太鼓)とミラノ万博出演。
2016年 ヤマハからCD付楽譜集『篠笛で歌ってみよう』出版。
日本、全国各地で篠笛講習会。
シンガポール、オーストラリア(メルボルン、シドニー、ブリスベン、ゴールドコースト)で篠笛ワークショップ、現地ミュージシャン達とのジョイントコンサート。
篠笛インターネットコンテストの審査員を承り、篠笛フェスタにも出演。
中西圭三(歌)、宮本貴奈(P)と『 WA-OTO 』全国各地で公演。
ケイコ・リーさん、伊藤君子さんと共演。



What Yasukazu Kano do

篠笛奏者 狩野泰一が出来ること



『WA-OTO』の公演

中西圭三(歌)、狩野泰一(篠笛)、宮本貴奈(ピアノ)、ソロで活躍する3名が「日本の心」「日本のスタンダード」を次世代に伝えるユニット“WA-OTO(ワオト)”を結成。和と洋の融合が聴く者を惹きつけます。
日本人の心に強く響く童謡「ふるさと」や、永六輔&中村八大の名曲「遠くへ行きたい」、中島みゆきのヒット曲「糸」等の日本のスタンダード曲に加え、メンバーによる日本の故郷をテーマにしたオリジナル曲、そして日本人にも馴染み深い洋楽曲「モルダウ」や「Smile」等。誰もが必ず一度は耳にしたことある親しみやすいメロディーやオリジナル曲を“WA-OTO”流 に聴かせます。
【中西圭三】シンガー・ソングライター。1991 年デビュー。この年、ZOO に提供した「Choo Choo Train」がミリオンヒットし、第13回JAM 広告音楽大競技会作曲賞を受賞。1992 年には歌⼿として自らの楽曲「Woman」が大ヒットし、第34回日本レコード大賞作曲賞を受賞した。その後ピーボ・ブライソンへの楽曲提供でグラミー賞にノミネートされたり、NHK「おかあさんといっしょ」での『ぼよよん⾏進曲』の楽曲提供など幅広い活動を続けている。

【宮本貴奈】ピアニスト・作曲家。茨城県結城市出身、米バークリー音大&ジョージア州⽴⼤院卒。⽶英に19 年在住、約30カ国で活動を展開。参加アルバムが2001 年⽶グラミー賞2 部門でノミネート、2 年連続アトランタベストジャズ他受賞。幅広いソロ&コラボ活動の他、TOKU(v/flghn)等のプロデュース、映画「ふるさとがえり」「マーチング」、NHK「日本の話芸」等の⾳楽担当。国⽴⾳⼤講師。代表作は『オンマイウェイ』と⼩沼ようすけ(g)との『ボヤージュ』。
『WA-OTO/中西圭三(歌)×狩野泰一(篠笛)×宮本貴奈(ピアノ)』WA-OTO
中西圭三×狩野泰一×宮本貴奈
ファーストアルバム
「Departure」