Japanese 'Shinobue' Bamboo flute

篠笛とは

篠笛奏者 狩野泰一「篠笛とは」
篠笛とは、篠竹に穴を開けたシンプルな日本の横笛の総称。

昔から日本各地の祭り、獅子舞、神楽等の民俗芸能をはじめ、民謡、長唄等様々な音楽に使われてきた、日本人にとって一番身近なメロディー楽器です。

篠笛の種類については、指穴の数も、音程も、音の高さも、長さや大きさも、デザインもさまざまなものがあり、演奏する音楽によって適切な笛を使います。そして、篠笛は吹けば吹くほど、自分の音になっていきます。

これから篠笛を初める方は、「八本調子、唄もの、七穴、天地巻」のプラスチック管か鳴り、音程のいい篠笛を楽器店等で探して求め、私の篠笛教則DVD+楽譜集「狩野泰一の篠笛を吹いてみよう」で練習することをお勧めします。八本調子、唄ものはこどもや女性でも指が届きやすく、洋楽器とも合わせやすいC管です。

ある程度吹けるようになったら、音が高めで太鼓にも負けない八本調子(C管)の次は、落ち着いた篠笛らしい音域の唄物六本調子(B♭管)等にも挑戦していかれるといいと思います。唄物六本調子とピアノのためのCD付き楽譜集「狩野泰一の篠笛セレクション」で、ピアノの伴奏CDに合わせて練習したり、ピアノを弾くお友達と一緒に演奏すると、楽しさが広がります。

狩野泰一から学ぶ「篠笛講座」最新情報はこちら